<更新 2017.07.04>

広重−「名所江戸百景」めぐり

歌川広重

◎喜多川歌麿、葛飾北斎などと共に江戸時代末期の代表的な浮世絵師である。 (寛政9年-1797〜安政5年-1858)  安藤広重とも言われることがあるが、安藤は家業の火消し時代の 姓であり浮世絵師としては歌川広重が適切である。広重については、Wikipedia歌川広重に詳しい。

◎数多くの作品を残しているが、代表的な浮世絵版画としては 「東海道五十三次」シリーズやここで紹介する「名所江戸百景」 シリーズなどがある。また、ゴッホなどの西洋画家にも影響を与えたことが知られている。

◎「名所江戸百景」は広重の最晩年、安政3年(1956)〜安政5年(1858)の作品で 江戸時代末期の四季の江戸の名所を描いている。百景と言うが実際は118景+1景(2世広重作)の 全119景の図絵と目録から成っており、版元は魚屋栄吉である。 また、「東海道五十三次」が全部横長版なのに対して「名所江戸百景」はすべて119景が 縦長版なのも特徴である。

◎各景の名称は地名を羅列しただけのものが多いので、「の」、「より」、「と」、「を望む」などを補って読むとよい。
例えば 第34景「日本橋江戸ばし」は"日本橋より江戸橋を望む"
     第77景「鉄炮洲稲荷橋湊神社」は"鉄炮洲より稲荷橋と湊神社を望む"(Wikipediaより)

◎各景の説明・解説は「東京シティガイド江戸百景ブループ」によります。 また、各景の地図上の位置についても同グループの主催する広重「名所江戸百景」めぐり講座の現地ツアーによっています。
◎「東京シティガイド江戸百景ブループ」(江東区森下文化センター気付)のホームページ

◎ここで使用しているが画像は、すべてWikipediaによります。

めぐり方は次の3種類から選んで下さい。
小画像(Thumbnails)からめぐる
目録(Contents)からめぐる
地図-位置(Maps)からめぐる

◆◆ 郵便切手になった「名所江戸百景」◆◆(追加)


歌川広重の「東海道五拾三次を行く」をご覧になりたい方はここからどうぞ。

葛飾北斎の「冨嶽三十六景+」(世界文化遺産登録記念)をご覧になりたい方はここからどうぞ。